夜叉やしゃとは、サンスクリット語: yakṣa、パーリ語: yakkhaの音写、訳:暴悪・捷疾鬼・威徳は、古代インド神話に登場する鬼神。薬叉やくしゃとも称する。のちに仏教に取り入れられ護法善神の一尊となった。

一般にインド神話における鬼神の総称であるとも言われるが、鬼神の総称としては他にアスラという言葉も使用されている(仏教においては、アスラ=阿修羅は総称ではなく固有の鬼神として登場)。

夜叉には男と女があり、男はヤクシャ(Yaksa)、女はヤクシーもしくはヤクシニー と呼ばれる。財宝の神クベーラ(毘沙門天)の眷属けんぞくと言われ、その性格は仏教に取り入れられてからも変わらなかったが、一方で人を食らう鬼神の性格も併せ持った。ヤクシャは鬼神である反面、人間に恩恵をもたらす存在と考えられていた。森林に棲む神霊であり、樹木に関係するため、聖樹と共に絵図化されることも多い。また水との関係もあり、「水を崇拝する(yasy-)」といわれたので、yaksya と名づけられたという語源説もある。バラモン教の精舎の前門には一対の夜叉像を置き、これを守護させていたといい、現在の金剛力士像はその名残であるともいう。

護法善神として

インド神話における夜叉は仏教に包括され、仏法を守護する八部衆の一つとして、また毘沙門天の眷属として羅刹と共に北方を守護する。また夜叉には、天夜叉・地夜叉・虚空夜叉の三種があり、地夜叉以外は飛行するという。

大乗仏典では「薬師如来やくしにょらい」の十二神将や、「般若経典はんにゃきょうてん」を守護する十六善神などが夜叉である。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事