修験道の行者。金剛づえ・ほら貝などを持ち、特定の山に登って修行する。「修験者しゅげんじゃ」とも言う。

修験内容

山伏は、吉野山地の大峯山(金峯山寺、現在の奈良県)を代表に、大山(鳥取県)や羽黒山(山形県)など日本各地の霊山と呼ばれる山々を踏破(抖擻)し、懺悔などの厳しい艱難苦行を行なって、山岳が持つ自然の霊力を身に付ける事を目的とする。

山岳信仰の対象となる山岳のほとんどは、一般の人々の日常生活からはかけ離れた「他界」に属するものであり、山伏たちは山岳という他界に住んで山の霊力を体に吸収し、他界や現界をつなぐ者としての自己を引き上げて、それらの霊力を人々に授ける存在とされていた。

富士講や熊野詣が盛んな時代には、先達と呼ばれる山伏たちが地方の信者をバックアップするために全国の霞場(講)を組織的に巡回し、ガイドとして参拝に同行した。

山伏は、頭に頭襟ときん(=頭巾、兜巾)と呼ばれる多角形の小さな帽子のような物を付け、手には錫杖しゃくじょうと呼ばれる金属製の杖を持つ。袈裟と、篠懸すずかけという麻の法衣を身に纏う。また、山中での互いの連絡や合図のために、ほら貝を加工した楽器を持つ。

天狗や烏天狗は、山伏の装束を身に纏うとされた。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事