遠い日のゆくえ

第3回シナリオ大賞受賞作。孤独死や自殺現場の清掃員・孝志が生と死を見つめるヒューマンドラマ。孝志は、孤独死した女性の日記を読み、彼女が背負っていた秘密を知る。

第3回WOWOWシナリオ大賞で、過去最多となる730編の応募作の中から大賞に選ばれた作品(受賞シナリオタイトル:「仄かに薫る桜の影で」)を、第1回・第2回に続き「ドラマW」として映像化する。
独居世帯と孤独死の増加、無縁社会という世相を背景に、死者の生の軌跡を辿ることで今を生きる若者の心の成長を描いた感動作がここに誕生する。

監督には、「釣りバカ日誌」シリーズをはじめとして、市井の人々の人生模様を描ききることで定評のある朝原雄三。主演には、映画『ソフトボーイ』や『悪人』、ドラマ「大阪ラブ&ソウル」などで各方面から注目を集める若手俳優・永山絢斗。他にも、富田靖子、寺脇康文、山崎樹範、三田村邦彦、風吹ジュンといった実力派キャストが揃い、見応えあるヒューマンドラマとなっている。

【ドラマ】wowow
2011年3月

【主題歌】-

キャスト&スタッフ

監督
朝原雄三
脚本
福島敏朗

出演
永山絢斗、富田靖子、吉田羊、高橋和也、三田村邦彦、寺脇康文、風吹ジュン、菊池亜希子、山崎樹範、瓜生美咲、野村周平、剛力彩芽、相葉香凛、佐戸井けん太、村岡希美、清水優、でんでん、白川和子、螢雪次朗、ダンカン、沼田爆、山下容莉枝、粟田麗、海老瀬はな、佐藤貢三、青木泰都、遠藤いち乃、西岡華蓮、田中綾真、南出和久、三木淳子 ほか

ストーリー

11年前に母を亡くし、空虚感を抱えて生きている主人公、孝志(永山絢斗)は特殊清掃業(=孤独死、事故死等が原因と思われる室内清掃業)で見習いとして働き出す。淡々と死と向き合う日常のなかで、ある日孤独死した女性の遺品から日記を見つける。そこに記されていたのは、女性の若かりし頃の秘められた思いだった。

しかし、日記を読み進めるにつれ、孝志は少女が背負っていた驚くべき秘密を知ることになる。「死にたい」と書かれた日記の最後のページ。孝志は心が揺さぶられるまま、少女の未来を探しに女性の故郷・金沢へと向かう。しかし孝志は、金沢で思いがけない真実を知ることになるのだった…。

特殊清掃・遺品整理の監修

株式会社ネクスト
東京都大田区昭和島1丁目3−4

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事