音楽葬 ( おんがくそう ) とは、無宗教葬・自由葬と呼ばれる葬儀形式の一種で音楽を流して故人を偲ぶ葬儀のことを指します。

読経などを伴わない音楽を中心とした新しい葬儀形式となるため、故人の希望であったとしても周囲の理解を得ることは難しい場合もあります。

音楽葬の形式

葬儀中のさまざまな場面で、故人とゆかりのある音楽をBGMとして流すことができるのが音楽葬の特徴です。流す曲は市販CDだけでなく、ピアノや合唱団など演奏者を手配して、生演奏をしてもらう場合もあります。他にも故人が生前演奏した音楽を流すこともできます。このように故人とゆかりのある音楽を流すことで、参列者が故人との記憶を鮮明に思い出すことができるため人気が出てきています。

また、式の流れも自由に決められるため、音楽を流している間に故人との思い出を語り合う時間を設けることもあり、従来の形式的な型に捉われないオリジナルな葬儀を作り上げることができます。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事