「上机」は、仏壇の上段、本尊の前に置く小さな机(卓)のことで、この上に、香、花、ろうそく、仏飯などを供えます。「上卓(うわじょく)」とも呼ばれます。

材質やデザインには特に決まりのない宗派が多く、ガラス製のものや、朱塗、黒塗のものの他、本金箔押、カシュー塗等の豪華な装飾が施されたものもあります。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事