打敷き(うちしき)とは、仏壇・仏具・経机などの敷物。四角形や三角形で主に金襴(きんらん)や緞子(どんす)などの材質が使われています。仏教寺院や仏壇に置かれる卓の天板の下にはさむ敷物のことです。荘厳具(そうごんぐ)の一種。

元々は、釈尊の座る高座の上に敷かれていたもので、後に仏像の前の卓の上に敷かれるようになったのが起源とされています。打敷の「打」には「張る」という意味があり、卓上に張り敷くことを意味します。

内敷とも書き、打布、内布ともいい、安価なものは、人絹製・機械刺繍のものから、高価なものは、正絹製・手刺繍のものがあり、西陣織など伝統工芸品となると非常に高価になります。 打敷の寸法は、仏壇の大きさで「卓」の大きさが概ね決まり、打敷もそれに対応しています。共に代で表示されます。

使用方法

平時は、打敷を掛ける事はしない。法要や彼岸、お盆、正月、祥月命日などの仏事の際に、卓に掛け荘厳する。

中陰中は、白無地の打敷を用いる。あらかじめ、この打敷を用意しておくことが望ましいが用意できなかった場合は、通常の打敷を裏返して白い面を表にして代用することもあります。また、季節により冬用(9月中旬(彼岸入り)から5月ごろ)と夏用(6月から9月上旬(彼岸入りの前))と使い分けるのが望ましとされます。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事