信仰心のない者でも、偶然の縁で他の強い力によって信心の世界に入ることができること。転じて、いやいや人と行動を共にすることに使う。『今昔物語』の縁起話に典拠をもつ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事