梵語サットヴァの訳。存在するもの、の意。生命を持ち、感情や意識を有するもの。一切の生きものの総称。草木を非情とか無情というのにたいしていう。有仏性の意。

仏教において、意識があったり感情を持つ全ての生き物のこと。

有情=心を持つものは、輪廻転生で下記のような三つの世界を行ったり来たりします。そこで少しでも良い世界へ生まれ変わるようにと、死有から生有までの中有の期間、七日ごとに供養が行われるようになりました。そして七回目の四十九日が重要な供養日となり、満中陰と呼ばれます。

無色界(むしきかい)
物質的制約をも離れた高度に精神的な世界。

色界(しきかい)
婬欲と食欲をはなれた生きものが住むところ。物質的な制約が残る。

欲界(よくかい)
婬欲・食欲の二つの欲望をもつ生きものが住むところ。

無色界では、精神的に高度な世界なので、中有が無いといわれています。また地獄など下位の世界では、中有での存在の仕方に、それぞれ特徴があるとされています。

仏教には、この世のすべての物を「有情」と「非情」とで分ける習慣があります。

「有情」は唐の玄奘(げんじょう)三蔵が梵(ぼん)語の sattva(サットバ) を訳した言葉で、それ以前は「衆生」と訳されていました。

衆生だと、生きとし生けるもの、つまり動物だけでなく、植物も入れてしまいたくなるのだが、有情の場合はやはり動物と人間だけですが、それ以外の山川草木は、非情と呼ばれています。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事