「有為転変は世の習い」は「ものごとが激しく移り変わることは、世の中にとって普通であること」を表します。

この場合の「習い」は「学ぶ、勉強する」という意味ではなく、「世の常、世間一般」を意味します。

単に「有為転変」と使いますが、「有為転変は世の習い」と使うことも多いです。

「有為転変は世の習いと言うように〜」「有為転変は世の習いと言うが〜」といったように用います。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事