梵語:ウドゥンバラの音写。いちじくの一種で、三千年に一度の花が咲く。仏または転輪聖王が出現すると咲く、といわれる。非常に希なこと、珍しいことの喩え。クサカゲロウの卵は別もの。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事