男はつらいよ 望郷篇

山田洋次監督が『続・男はつらいよ』以来、久しぶりにメガホンをとった作品。父子の確執のエピソード、蒸気機関車のダイナミックな描写など、前半の重厚なドラマが一転、寅さんが労働者を目指す狂想曲への転調の楽しさ。浦安の豆腐屋の杉山とく子、長山藍子、その恋人・井川比佐志は、それぞれテレビ版でおばちゃん、さくら、博(テレビでは博士)を演じている。

1970年製作
製作国:日本 / 上映時間:88分
ジャンル:ドラマ

【主題歌】-

キャスト&スタッフ

監督
山田洋次
脚本
山田洋次、宮崎晃

出演
渥美清、倍賞千恵子、長山藍子、前田 吟、杉山とく子、井川比佐志、笠智衆 ほか

ストーリー

おいちゃんが死ぬ夢を見てハッと飛び起きるシーンから始まる。旅先の北海道で義理ある正吉親分(木田三千雄)の悲しい末路を目にした寅次郎は、その姿に自らの行く末をダブらせ、暗澹とした気持ちになる。「心を入れ替えて堅気になろう」と一大決心した寅次郎は、浦安の豆腐屋「三七十屋(みなとや)」に住み込みで働き始めた。豆腐屋の娘で、近所の美容院で働く一人娘・節子(長山藍子)は明朗快活、おまけに気風もいいことから、またしても寅次郎は恋の虜に。なんとか節子の気を引こうと、朝早くから汗と油にまみれて一生懸命働くのであった。まじめに働いているという知らせを受けたとらやのおいちゃん達は、寅次郎が改心したことを心底喜んだのであるが、所詮寅次郎に堅気の仕事にいそしむが…

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事