旅装で手の甲を覆う布や革のこと。死装束の仏衣で用いる。

手甲は、死装束(仏衣)のひとつで、手につけるものです。上腕から手首や手の甲を覆うようにして付けます。

手首はひもやこはぜを使ってとめ、手の甲には中指に縫いつけられた輪を通します。

武具の一部だったもので、刀から手の甲や手首を守るためにつけたものがはじまりといわれています。

納棺の前に、故人には白いさらしの経帷子を左前に着せ、手足に手甲と脚絆をつけ、六文銭の入った白の頭陀袋を頭から下げ手には数珠を持たせます。白い三角布も死装束(仏衣)に含まれていますが、地域によって頭につける場合とつけない場合があります。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事