定年女子

深山麻子、53歳。大手商社の部長を務め、仕事も順調、さらなるキャリアアップも、と思っていたところ、急に配置転換の辞令が降りた。しかし新しい職場では邪魔者扱い。「今までの私のキャリアってなんだったの!」意を決して会社を辞めるが、結婚したばかりの娘は出産で出戻り、元夫の母がいまだに何かと懐いてくる。果てはなぜか彼女の介護まで降りかかり、仕事を選ぶぜいたくは言っていられない状況に。

そしてなりふり構わずいろいろな仕事をやり七転八倒するうちに、しだいに今自分がこの社会に対してやらなければいけないことに気づいていく。現代の女性のセカンドライフをリアルな視点とユーモアで描く、恋あり笑いあり涙ありのハートウォーミングドラマ。

【ドラマ】NHKBSプレミアム 日曜 22:00 - 22:49
全8話
2017年7月9日 - 8月27日まで

【主題歌】「もう一度」歌:‎竹内まりや

キャスト&スタッフ

原作
岸本裕紀子
脚本
田渕久美子

出演
南果歩、山下リオ、寺脇康文、草笛光子、草刈民代、清水ミチコ、石野真子、町田啓太、高野志穂、カイル・カード、佐戸井けん太、升毅、藤真利子、茅島成美、金山一彦、大路恵美、大方斐紗子、山口祐一郎、菊地美香、石堂夏央、 吉満寛人、長田成哉、ふせえり、菊池桃子、南野陽子 ほか

第4話「第2の仕事は葬儀屋 涙の奥に見えた夢」

(2017年7月30日 放送)
【ストーリー】
麻子(南果歩)の再就職先は「葬儀屋」。黒いスーツを着て人の死に直面する仕事は、精神的に辛い。それでも故人や遺族のための式を模索する麻子に先輩・奈美恵(南野陽子)は厳しくあたる。そんな中、丈太郎(山口祐一郎)の妻が亡くなり、葬儀を麻子が担当することに。葬儀屋としては、遺族と適度な距離をとることが求められる。しかし、悲嘆にくれる丈太郎のため、奥さんの好きだった花をどうしても飾りたい!果たして麻子は?

ロケ地として使用された火葬場及び斎場

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事