火葬後の遺骨を箸で拾い骨壷に納める儀式。骨上げともいう。

焼骨が収骨室もしくは炉前ホールへ到着したら、火葬場の職員の指導を受けながら行います。
お骨を拾う順番は足の骨から頭の骨に向かうようにします。ちょうど人が立つような形で骨壺に収めていきます。

地域によって収骨方法には違いがあり、全てのお骨を入れる地域と一部のみ入れる地域があります。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事