義母と娘のブルース

桜沢鈴による笑って泣ける同名4コマ漫画をドラマ化。キャリアウーマンである主人公・亜希子が、娘を持つ男性と結婚し、母親になろうと畑違いの家事や育児に奔走し、家族と過ごす日々を描くハートフルドラマ。いきなり娘を持つことになった亜希子を綾瀬はるかが、子持ちのサラリーマン・良一を竹野内豊が演じる。

【ドラマ】TBSテレビ 火曜 22:00 - 23:07
全10話
2018年7月10日 - 9月18日まで

【主題歌】「アイノカタチfeat.HIDE(GReeeeN)」歌:MISIA×GReeeeN

キャスト&スタッフ

原作
桜沢鈴『義母と娘のブルース』(ぶんか社刊)
脚本
森下佳子

出演
綾瀬はるか、竹野内豊、佐藤健、上白石萌歌、横溝菜帆、大智、川村陽介、橋本真実、真凛、村本大輔、春日井静奈、山口香緒里、西尾まり、奥山佳恵、奥貫薫、浅利陽介、浅野和之、麻生祐未 ほか

第6話 「さらば愛しき人よ!最後に届く奇跡とは!?私、背中で魅せます」

(2018年8月14日 放送)
【ストーリー】
みゆき(上白石萌歌)は高校3年生になり、大学進学を考えるように。亜希子(綾瀬はるか)はみゆきと将来について話し合うが、楽してもうけたいというみゆきに危機感を覚える。そこで、亜希子は自分の働く姿を見せ、みゆきに「仕事は尊いこと」だと思ってもらうべく、9年ぶりに仕事復帰しようと考える…

はな
良一が荼毘に伏された火葬場のシーンは厚木市斎場がロケ地として使われています。

ロケ地として使用された火葬場及び斎場

葬儀シーン監修

日本ヒューマンセレモニー専門学校
神奈川県平塚市八重咲町7-30

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事