SPEC~警視庁公安部公安五課未詳事件特別対策係事件簿~

超能力や特殊能力を持つスペックホルダーによる、常識では考えられない不思議な事件を取り扱う部署「通称・未詳」。変人だがIQ201の天才・当麻紗綾と、警視庁特殊部隊(SIT)出身の肉体派、瀬文焚流の未詳コンビが難解な事件に挑んでいく姿を描きます。

戸田恵梨香と加瀬亮のW主演で、監督は「ケイゾク」シリーズなどの堤幸彦。脚本は同じく「ケイゾク」シリーズを手がけた西荻弓絵が担当しています。当初『ケイゾク2』として企画された本作では、「ケイゾク」と同キャラクターが登場したり、物語がリンクする部分もあり、SPECを観る前に「ケイゾク」シリーズをおさらいしておくのもおすすめです。

【ドラマ】TBS 2010年10月8日 金曜22:00 - 22:54
全10話
2010年10月8日 - 2010年12月17日まで

【主題歌】「NAMInoYUKUSAKI」歌:THE RICECOOKERS

キャスト&スタッフ

脚本
西荻弓絵
監督
堤 幸彦

出演
戸田恵梨香、加瀬亮、福田沙紀、徳井優、安田顕、田中哲司、城田優、岡田浩暉、松澤一之、載寧龍二、有村架純、伊藤毅、神木隆之介、椎名桔平、竜雷太 ほか

第6話 「病の処方箋-己の回」

(2010年11月19日(金) 放送)
【ストーリー】
瀬文(加瀬亮)が慕っていた里中(大森南朋)が何者かに撃たれ命を絶った。

公安の現役潜入捜査官だった里中の死は、出張先の南アフリカで火災に遭い焼死したと妻の小百合(西原亜希)に告げられる。当麻(戸田恵梨香)は、国家ぐるみの嘘に憤り、そこまでして守るべきものは何なのかと悩むが、そんな当麻に野々村(竜雷太)は「真実に向かってひた走れ」と刑事魂を見せる。

里中の初七日の日。当麻と瀬文は小百合から「夫の死が、腑に落ちない」と相談を持ち掛けられる。出張の前日、里中の本棚や荷物が整理されていたのが気になるのだというが、瀬文は事故だと言い切る。

しかし、小百合の言葉が気になる当麻は、里中の部屋を調べることに。すると、その部屋が何者かによって片付けられた事が判明。そして、里中に何かしらの証拠やメッセージを残されると困る集団の存在を感じる。里中が命をかけてまで遺そうとしたものとは…。

ロケ地として使用された火葬場及び斎場

調布メモリードホール
〒182-0007 東京都調布市菊野台1丁目10−2

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事