葬式仏教そうしき ぶっきょうとは、本来の仏教の在り方から大きく隔たった、葬式の際にしか必要とされない現在の形骸化した日本の仏教の姿を揶揄やゆした表現である。

この言葉が誰によって始められたかは不明であるが、1963年(昭和38年)に出版された明治大学教授の圭室諦成たまむろ たいじょう(1902年 - 1966年)の著書『葬式仏教』(大法輪閣) がきっかけとなって、巷間に知られるようになった。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事