本来、葬儀は遺族や親近者によって営まれ、死者が無事成仏できるよう祈る儀式です。また、告別式は故人の友人・知人が、お別れをする儀式です。

しかし、今日では、2つの式をひとつの流れの中で1時間程度で行うのが一般的です。

祭壇に向かって右側が遺族や親近者、左側が世話役や友人・知人などが座りますが、式場によって異なりますので、あまりこだわる必要はありません。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事