四苦八苦(しくはっく)とは、仏教における苦(ドゥッカ、dukkha)の分類。

根本的なドゥッカを生・老・病・死(しょう・ろう・びょう・し)の四苦とし

・生苦(jāti dukkha)- 生まれることに起因する苦しみ。
・老苦(jarāpi dukkha) - 老いていくことに起因する苦しみ。体力、気力など全てが衰退していき自由が利かなくなる。
・病苦(byādhipi dukkha)- 様々な病気があり、痛みや苦しみに悩まされる仏教問題。
・死苦(maraṇampi dukkha) - 死ぬことへの恐怖、その先の不安などの自覚。
根本的な四つの苦に加え、

・愛別離苦(あいべつりく、appiyehi dukkha) - 愛する者と別離すること
・怨憎会苦(おんぞうえく、piyehi dukkha)- 怨み憎んでいる者に会うこと
・求不得苦(ぐふとくく、yampiccha dukkha) - 求める物が得られないこと
・五蘊盛苦(ごうんじょうく) - 五蘊(人間の肉体と精神)が思うがままにならないこと
の四つの苦を合わせて八苦と呼ぶ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事