柴神ともいい、西日本に多く分布する神。登山や山の登り口に位置し交通安全を司る神とされる。地理的条件からも理解されるように基本的に境の神としての性格をもち、その他病気平癒の祈願の対象となっている。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事