蓮華れんげとは、スイレン科多年生の水生植物であるはすの花のことです。

仏典に出る蓮華は、睡蓮すいれんも含み、白蓮華を最高とします。 泥中で生じながら清く開花するので、インドでは古くから珍重され、仏教のシンボルとされました。

極楽の池にもあるといい、仏・菩薩の台座は蓮華からなるとしてこれをかたどり、蓮華座れんげざ)といいます。

極楽往生した人もまた、蓮華の上に生まれるとして、これをはすうてなといいます。

法華経ほけきょう』は、白蓮華のような優れた法を説く経という意味です。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事