霊祭れいさいとは、仏教の法要にあたる神道の行事です。

最初の霊祭は、葬儀の翌日に行われるもので、翌日祭といいます。これは、葬儀が無事に終わったことを霊前に報告する神事ですが、最近では行わないか、身内で礼拝する程度のことが多くなっています。

翌日祭の後は、十日祭、二十日祭、三十日祭と、亡くなってから10日ごとに五十日祭まであります。
これらの日には、故人の好物を神前に供えるなどしてお参りしますが、現在では、二十日祭と四十日祭は省略されることが多いようです。

亡くなってから50日目に行われる五十日祭には、墓前に親族、知人などを集め、神官を呼んで献饌けんせん祝詞のりと奏上し、玉串奉奠たまぐしほうてんなどの神事を行います。
奏楽を依頼するなどして盛大に営むこともあります。

五十日祭が済むと、次は百日祭、その次が一年祭で、それぞれ親族や知人を集め、神官を招いて行います。なお、一年祭は本来忌明けにあたる日ですが、現在では五十日祭をもって忌明けとすることのほうが一般的です。

葬場祭の出席者へのお返しやあいさつ状は、この日を目安に発送します。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事