霊璽れいじとは、祖霊の依りしろよりしろで、仏教の位牌にあたるものです。

さや(=霊璽の外側の木でできたカバー)もしくは、布でできた覆いの内側の板に「○○(氏名)~之霊」などの霊号れいごうを記し、元通り鞘や覆いをかぶせた状態で祀ります。

個別に祀る一体型の他、10名まで1つにまとめることができる繰りだし型があり、スペースに余裕がない場合などに利用されます。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事