プレニードとは、簡単にいえば、「葬儀の生前契約」のことです。

葬儀業界ではよく「漢字表記」が用いられますが、横文字である「プレニード」はあまり目にすることがないと思われます。「プレニード」という表記よりも「生前契約」という表記の方が目にする機会は多いかもしれません。実際、葬儀関係の仕事に長く就いている人でも、「プレニード」という単語を仕事のなかで使ったことはないという人もいます。

プレニードとはもともと海外の文化・海外の考え方です。アメリカでは15パーセント程度の人がプレニードによって契約をしていると考えられています。ちなみに1993年の時点で、「2000年までにはアメリカの葬儀のうち40パーセントが、プレニードによって行われる」と考えられていました。

現在の終活ブームで「葬儀を自分らしく」と考える人が増えてきたため、プレニードの需要は日本でも高まっていく可能性が考えられます。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事