往生おうじょうとは、大乗仏教だいじょうぶっきょうの中の成仏の方法論の一つである。

現実の仏である釈迦牟尼世尊のいない現在、いかに仏の指導を得て、成仏の保証を得るかと考えたところから希求された。様々な浄土への往生があるが、一般的には阿弥陀仏の浄土とされている極楽への往生を言う。これは極楽往生ごくらくおうじょうといわれ、往とは極楽浄土にゆく事、生とは、そこに化生けしょうする事で、浄土への化生は蓮華化生という。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事