「お納の式」とは、火葬場の炉前で僧侶の読経やお焼香をして、故人と最後のお別れをすることをいいます。

火葬場では、一般的に、炉前に仮祭壇が設置されており、高炉や燭台も火葬場で用意してもらえます。この仮祭壇に位牌と遺影を置き、僧侶の読経に続いて喪主、遺族、親族の順に焼香をします。こうして納めの式を済ませた後は、炉に入る棺を合唱で見送ります。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事