隠亡おんぼうは、日本史上において、火葬場で死者の遺体を荼毘に付し、墓地を守ることを業とした者を指す語。「隠坊」「御坊」「煙亡」とも表記し、地域により「オンボ」と呼ぶこともある。もとは、下級僧侶の役目であり、「御坊」が転じたものと考えられている。

江戸時代には賤民せんみん身分扱いされていたことや、一昔前まで、この職業は現在で言う被差別部落出身者が大半だったため、軽蔑的な意味合いを帯びたことも多く、現在は差別用語とされて用いられなくなっている。代替語として一般には、「斎場職員」もしくは「火夫かふ」が使用されている。

隠亡は、中世から江戸時代までは、穢多や非人とはまた異なった賤民階級として扱われ、寺院や神社において、周辺部の清掃や墓地の管理、特に持ち込まれた死体の処理などに従事する下男とされていた。

本居内遠の『賤者考』には、「房(坊)は法師、煙法師と書くべきであり、下火は僧のすべきことで、古くは皆、徳行ある法師に付せしことなり」と記されている。過去には、現在の三重県中西部にあたる伊賀地方では隠坊を「土師」と書き「ハチ」と称していた。また岡山県西部にあたる備中地方では、隠亡は死者の取り扱いと非人番などを担当していた。

彼らは正月には村内へ茶筅を配り歩くため「茶筅」とも呼ばれ、竹細工のほか渡し守をしているものもあった。水呑百姓より下位の階級に置かれ、賤民とともに差別されて一般農民との婚姻も禁止されていた。関東地方の番太と同様、村内の見張番なども担当していた。

水呑百姓

水呑百姓みずのみびゃくしょうは、貧しくて水しか呑めないような百姓を指す、江戸時代の貧農の呼称。 主に江戸時代の年貢の賦課基準となる石高を持たず、田地を持てない農民を指す。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事