物事は必死になって行えば、どんなことでもやって出来ないことはない。

岩のように堅く大きな障害があったとしても、その壁を乗り越え必ず成就させることができるということ。

李広が草の中にいる虎を石と見間違えて弓を射たら、その矢は刺さるはずのない石に突き刺さったという「石に立つ矢」の故事から。

楚の熊渠子にも同様の故事がある。
単に、「念力岩をも通す」ともいう。

「思う念力岩をも徹す」「思う念力岩をも透す」とも書く。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事