神道において、諡(おくりな)は人物の死後につけられる名前のことです。この名前には、生前の人物の徳(とく)やおこないを称(たた)える意味が込められています。

神道では人は全て神の子とされています。この神の判断で胎内に宿り、この世に生れ出ます。そして、この世で役割を終えると、この諡を付けてもらい神々のいる世界へ再び戻ります。

それ以後は自分の子孫を見守り続けるものと考えられています。つまり、子孫の守護神(しゅごじん)となることを意味します。

一方、仏教の戒名は人が亡くなった後に、仏の弟子になることを認められた名前とされるため、神道の考え方とは異なります。

諡の付け方

諡は、生前の人物の名前の後ろに追加されることになります。付けられる諡は、年齢や性別によって分けられます。

●3歳まで→[男性]嬰児(みどりご)、[女性]嬰児(みどりご)
●6歳まで→[男性]稚児(ちご、わかいらつこ)、[女性]稚児(ちご、わかいらつめ)
●15歳まで→[男性]童男(わらべ)、[女性]童女(わらめ)
●19歳まで→[男性]彦、郎子彦(ひこ)、[女性]姫(ひめ)
●40歳まで→[男性]郎男(いらつお)、[女性]郎女(いらつめ)
●70歳まで→[男性]大人(うし)、[女性]刀自(とじ)
●70歳超→[男性]翁(おきな)、[女性]媼(おうな)

更にこの諡のあとに「命(みこと)」をつけます。例えば、72歳の男性ならば「○○翁命(○○おきなのみこと)」という付け方になります。

ただし、時代が変わっても年齢別の諡を必ず付けなければならないというわけではなく、最近では次のように諡を分ける傾向があります。

●子供(未成年)→[男性]彦・比古(ひこ)、[女性]姫・比売(ひめ)
●大人(成人)→[男性]大人、[女性]刀自

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事