「お清め」は、死を穢れと見る神道の考えに則って、穢れを払うために行う、お葬式の際の儀式のことです。
一般的には、葬儀や火葬場から戻った際、葬儀場や火葬場には行かなかった人に、ひしゃくで水をかけてもらって手を洗い、体に塩をかけてもらいます。
略式の場合は、会葬礼状についている塩を自身で体にかけたり、玄関の前に撒いた塩を踏んで自宅に入ったりします。
また、仏教ではもともと死を穢れとは捉えていないため、浄土真宗などの宗派では、水や塩を使ったお清めは行いません。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事