お布施(布施)とは、とは、本来、他人に財物などを施したり、相手の利益になるよう教えを説くことなど「与えること」を指す。現在でとは、僧侶へ読経や戒名を頂いた謝礼として金品を渡す言葉となっている。または、本尊へお供えするという考え方をとります。

読経や戒名の対価という意味ではないので、読経料や戒名料という言葉は使いませんのでご注意ください。

布施には「財施(ざいせ)」「法施(ほうせ)」「無畏施(むいせ)」の三種がある。

三種の布施とは?

  • 財施(ざいせ)とは、金銭や衣服食料などの財を施すこと。
  • 法施(ほうせ)とは、仏の教えを説くこと。
  • 無畏施(むいせ)とは、災難などに遭っている者を慰めてその恐怖心を除くこと。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事