納棺師(のうかんし)は、死者を棺に納めるために必要な作業と関連商品の販売を行う職業人である。

映画『おくりびと』でその存在が世間に知られることとなり、納棺師に対する興味と職業としての納棺師、産業としての納棺が知られた。呼称は他に湯灌師(ゆかんし)、復元納棺師(ふくげんのうかんし)と決まった規定はない。

納棺師を題材とするドラマ・映画

映画

ドラマ

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事