納棺とは、遺体を棺の中に納める作業のことを言い、一般的にお通夜の前に行われます。

納棺の儀式は末期(まつご)の水や湯灌(ゆかん)などの一連の流れがあり、最後に故人に死装束と呼ばれる衣装を着せ、故人の愛用していたものなどを副葬品として共に納めるのが一般的です。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事