人が亡くなり49日法要が終わってから迎える最初のお盆を特に初めてのお盆を新盆(しんぼん、にいぼん、あらぼん)または初盆(はつぼん、ういぼん)と呼び、特に手厚く供養する風習がある。

地方によって異なるが、初盆の家の人は門口や仏壇、お墓に白一色の盆提灯を立てたり、初盆の家の人にそういった提灯を贈ったりして特別の儀礼を行ない、また初盆以外の時には、模様のある盆提灯やお墓には白と赤の色が入った提灯を立てたりする。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事