故人を偲び追善供養を行う事。死後満一年目に行う法要を一周忌という。翌年の二年を三回忌とし、その後死亡年を含めて数え、七年目に七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌まで営むのが一般的。以降は、五十回忌、百回忌となる。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事