一般的には、2親等以内の親族(配偶者・父母・子ども・兄弟・姉妹・義父母など)が亡くなってから一周忌までを喪中とする。喪中は年賀状を出さない。遅くとも12月初旬までに、年賀状をいただきそうな相手に年賀欠礼の喪中ハガキを出す。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事