寝棺とは、故人をあおむけに寝かした状態で納める棺のことで、座棺に対して言われる言葉です。

江戸時代には、桶型の座棺が一般的に使用されていて、一部の身分の高い人だけが寝棺に収められていました。

現代の日本においては火葬が一般的なため、天然木棺や合板棺、それに布をはった布張り棺などを使用しています。

形は箱型、山型、かまぼこ型などがあり、外観に彫刻をした彫刻棺などもあります。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事