南都六宗(なんとろくしゅう、なんとりくしゅう)とは、奈良時代、平城京を中心に栄えた日本仏教の6つの宗派の総称。奈良仏教(ならぶっきょう)とも言う。

・三論宗(さんろんしゅう、中論・十二門論・百論) - 華厳宗や真言宗に影響を与えた
・成実宗(じょうじつしゅう、成実論) - 三論宗の付宗(寓宗)
・法相宗(ほっそうしゅう、唯識)
・倶舎宗(くしゃしゅう、説一切有部)- 法相宗の付宗(寓宗)
・華厳宗(けごんしゅう、華厳経)
・律宗(りっしゅう、四分律) - 真言律宗等が生まれた

尚、当時からこう呼ばれていたわけではなく、平安時代以降平安京を中心に栄えた「平安二宗」(天台宗・真言宗)に対する呼び名である。当時はまだ寺院ごとに特定宗派を奉じる寺院は少なかった。現在華厳宗の総本山とされている東大寺において、平安時代には別院(院家)として真言宗の「真言院」が置かれる等、次第に密教の影響を受けていくことになる。現存するのは、法相宗、華厳宗、律宗の三宗のみである。

又、当初これらは、法相衆・華厳衆等と、「衆」の字を充てていたが、東大寺の大仏が完成した頃(748年頃)には、現在のように「宗」の字が充てられるようになったといわれる。

民衆の救済活動に重きをおいた平安仏教や鎌倉仏教とは異なり、これらの六宗は学派的要素が強く、仏教の教理の研究を中心に行っていた学僧衆の集まりであったといわれる。つまり、律令体制下の仏教で国家の庇護を受けて仏教の研究を行い、宗教上の実践行為は鎮護国家という理念の下で呪術的な祈祷を行う程度であったといわれる。但し、唐に渡り玄奘から法相宗の教理を学び日本に伝えた道昭は、このような国家体制の仏教活動に飽きたらず、各地へ赴き井戸を掘ったり橋を架ける等をして、民衆に仏教を教下する活動を行ったとされる。尚、同じく民衆への教下活動を行った行基の師匠も道昭であったといわれる。

南都六宗の開祖と中心寺院

・三論宗 - 開祖:恵灌、寺院:元興寺・大安寺
・成実宗 - 開祖:道蔵、寺院:元興寺・大安寺
・法相宗 - 開祖:道昭、寺院:興福寺・薬師寺
・倶舎宗 - 開祖:道昭、寺院:東大寺・興福寺
・華厳宗 - 開祖:良弁・審祥、寺院:東大寺
・律宗 - 開祖:鑑真、寺院:唐招提寺

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事