暗いところで待ち合わせ

『暗いところで待ち合わせ』(くらいところでまちあわせ)は、乙一の長編小説である。幻冬舎から文庫書き下ろしとして2002年(平成14年)に刊行された。2006年(平成18年)映画化され11月25日より単館系で順次公開された。

2006年製作
製作国:日本 / 上映時間:129分
ジャンル:ドラマ

【主題歌】「underworld」歌:メレンゲ

キャスト&スタッフ

監督
天願大介
原作
乙一
「暗いところで待ち合わせ」(幻冬舎)
脚本
天願大介

出演
田中麗奈、チェン・ボーリン(陳柏霖)、井川 遥、宮地真緒、岸部一徳、佐藤浩市 ほか

ストーリー

目の見えないミチルの家に、殺人容疑で警察に追われたアキヒロという男が逃げ込み、気付かれないように潜み始める。数日後、ミチルは誰かがいることを確信するが、「もし悪い人で、襲われるようなことがあったら、舌を噛み切って死ねばいい」と思い、気付かないふりを続ける。しかし、アキヒロは物音を立てないよう静かにしているだけで、危害を加えるどころか、むしろミチルが大怪我をしそうになるところを助けてくれたりする。そんな二人の奇妙な共同生活。

葬儀シーン監修

帝都葬祭 株式会社
名古屋市天白区植田東1丁目109番地

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事