臨終時、あるいは亡くなったばかりの人の口に人生最後の水をふくませること。

地域によっては、湯呑み茶碗に水をたたえ、樒の葉を一枚浮かべておいて、葉を持って死者の唇を潤すことが行われる。葬儀社が用意する末期の水セットや新しい筆、あるいは箸の先に脱脂綿を巻いて白い糸で縛り、軽く水を含ませて、唇を潤すのが普通です。

行う順序としては、故人と血のつながりの濃い順に行い知人友人へとすすめて行きます。

この風習の起源については、「長阿含遊行経ちょうめあごんゆぎょうきょう」によると釈尊入滅の直前に水を求め、これを鬼神が捧げたたてまつったとする故事によるものとされている。

民間習俗としては、末期の水を死者の魂を呼びとめて蘇生させようとする。いわゆる魂呼びという呪術的儀礼とみるか、この世に魂をつなぎとめようとする観念の現れとみるか、起源的には儒礼に由来するがさまざまな意見に分かれている。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事