仏教では人の死後四十九日間、魂が迷っていると考えられている。死後七日ごとに法要を行い、四十九日目は中陰の満ちる日であり、死者追善の最大の法要を営む。この四十九日を満中陰という

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事