死亡直後に新しく炊いたご飯を、故人愛用の茶碗に高く盛りつけ枕元に供える。箸を2本または1本、上から立てることが多い。本来は再生を願っての儀礼。死者が善光寺や霊場に旅する弁当との解釈が行われてきた

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事