枕飾りまくらかざりとは、遺体の枕元に飾る小さな祭壇。仏式では小机に、三具足・花・香・灯明・枕団子・枕飯・水などを供える。神道では台に三方を置き、水・塩・洗米・御神酒・常饌を供える。

仏教での枕飾り


机は本来は白木の台を使用するが、小さな机で代用する場合は白い布をかける。

三具足
三具足みつぐそくは、香炉を中央とし花立て(一本樒)は左側。右側に燭台(一本ローソク)を立てる。線香とロウソクの火は絶やさないようにする。線香の煙は仏の食物を意味しているとされ、また、三途の川を渡り極楽へ行く道を明るく照らし出すためとするところもあります。

枕団子
死が確認されるとすぐに枕元へ供えられる団子。一般的には上新粉を蒸らすか、ゆでるかして白紙を敷いた白木の三方に6,7個のせて供える。この習俗の典拠は「大般涅槃経だいはつねはんぎょう」によって無辺菩薩むへんぼさつ香飯こうはんを献上したにもかかわらず、釈尊は生前ついに食べられなかったので、死後ただちに供えることになったと解釈されています。

枕飯
一膳飯いちぜんめしともいい、枕団子と同様に死後ただちに作る理由は、死者が息をひきとるといったん善行寺参りをしてくるという俗信が一般に広く行われていて、善行寺もしくは霊場へ行くための弁当であり、急いで作らねば出発できないと言われています。枕飯に箸をたてるのはいみのかかった、死者の飯という意味でたてられます。

四華
紙華しかともいい、釈尊が亡くなるとき沙羅双樹さらそうじゅが悲しみのあまり白変したという「涅槃経めはんきょう」の故事に基づいたものです。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事