庚申の夜に眠ると、体内にいる三尸さんしが天帝に日頃の罪過を告げるため徹夜してこれを避けるという道教の教えに源をもつ。青面金剛しょうめんこんごう猿田彦さるたひこを祭神とし、宿に集まり共食談笑し夜を過ごす。記念に庚申塔が各地で建てられている。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事