清祓の儀(きよはらいのぎ)とは、神道(しんとう)の霊祭で五十日祭の翌日に行う儀式。

手水の儀、祓詞(はらいことば)の奏上、各部屋のお払いなどの後、神棚と祖霊舎の白紙を取り除き、忌明けとなります。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事