忌服(きふく)とは、「忌服(きふく)」は「服忌(ぷっき)」ともいいます。一般には「服喪(ふくも)」と呼ばれています。

「忌(き)」とは、死者のけがれを忌みことです。人の死は穢れたものと考えられ、死者を出した身内は、一定期間、日常生活から遠ざかり、身を慎まねばなりません。この期間を特に「忌中」と呼び、現在では、肉親の死を悲しんで謹慎する期間と考えています。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事