忌明け(きあけ)とは、故人が亡くなってから四十九日間を中陰または中有といい、この間七日ごとに法要を営み、四十九日目をもって忌明けとします。(五七日忌(三十五日)に繰り上げた忌明けもあります。)

神道では、五十日祭の翌日に行われる清祓いの儀をもって忌明けとします。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事