風が吹けば桶屋が儲かる(かぜがふけばおけやがもうかる)

意外なところに影響が出ること、また、あてにならない期待をすることのたとえ。

風が吹くと土ぼこりがたって目に入り盲人が増える。

盲人は三味線で生計を立てようとするから、三味線の胴を張る猫の皮の需要が増える。

猫が減るとねずみが増え、ねずみが桶をかじるから桶屋がもうかって喜ぶということ。

大風が吹けば桶屋が喜ぶ。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事