火葬祭(かそうさい)は、神道の葬儀において火葬場の炉前で行われる、故人とのお別れの儀式で、仏教葬儀の「納めの式」にあたります。

白木の「小案(こあん)=小さな机」に位牌、遺影の他、神饌(しんせん)、銘旗(めいき)などを置いて、斎主が祭詞を奏上します。
この際、喪主から順に、玉串奉奠(たまぐしほうてん)を行います。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事