仮通夜かりつやとは、亡くなった当日の夜に、遺族や近親者だけで遺体を守って一夜を明かすことです。
また、日取りなどの関係で、すぐに通夜を行えない際、先に行う通夜のことを仮通夜と呼ぶこともあります。

いずれの場合も、一般の弔問客を招かないことで「本通夜」と区別されます。

昔は訃報を聞いたらすぐに駆けつけるのが良いとされていましたが、葬儀前の遺族は忙しく取り込んでいることが多いので、現在では、特に親しい間柄でなければ、本通夜まで遠慮するのが慣例です。

五十音順

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事